インプラントで自然な歯を取り戻そう!名東区での受診の流れを紹介

名東区で入れ歯にするなら自分の歯のように噛めるインプラントを

 レントゲン写真を見せる

何らかの理由で歯を失い入れ歯を使っている人も多いご時世ですが、やはり自分の歯よりも噛む力は劣ってしまいます。それに作ったばかりの頃はぴったりフィットしていても、長く使用するうちに合わなくなってくることもあります。そこでおすすめなのが、入れ歯の代わりにインプラント治療を行う方法です。インプラントは歯を失った部分に人工歯根を埋めて、人工の歯を取り付ける治療法になります。名東区にはインプラント治療が可能な歯科クリニックが沢山あります。
インプラントの魅力は、何といっても自分の歯のように噛めることです。入れ歯より噛みやすいですし、定期的に調整する必要もほぼありません。入れ歯だと噛む力が弱いので、硬い物が食べにくいということもあります。高齢になってから柔らかい食べ物ばかりを好むようになるのは、そういったことも影響するのでしょう。噛むことは脳の刺激になり、認知症を予防するとも言われています。噛む力を維持することが、全身の健康維持にもつながるのです。
名東区に住んでいて入れ歯を使っている、あるいはこれから使うことを検討しているという時には、インプラント治療も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。名東区にはインプラントに定評のある歯科クリニックも多いので、一度相談してみるのがおすすめです。

インプラントに興味を持つ人が名東区で歯医者を探すコツ

高齢者の中には歯の大半を失って入れ歯を使う人も多いですが、インプラントによって噛む力を自然な歯と同様にすることができます。また虫歯で数本の歯を抜いた40代や50代の人たちも、インプラント治療で部分入れ歯よりも快適に食事を味わえるようになります。
名東区内で治療を受けたいときには、まず最初に設備と実績を重視して手ごろな歯科クリニックを見つける必要があります。インプラントの情報サイトを活用すると、治療内容や費用についても詳細に知ることができます。名東区の歯医者での治療を検討する場合には、まずに費用について調べることが重要です。そして名東区の歯医者で検査を受けると、一人一人の状態に合った治療法を選べるようになります。また、人工の歯を埋め込む場合には、事前に虫歯を丁寧に治療するのがポイントです。レントゲンやCTを使って丁寧に検査をするクリニックを選ぶのが、質の高い治療を受ける最も賢い方法です。治療が完了してから人工の歯を長く使い続けるためには、歯科医の指示に従って定期的にメンテナンスを受けることが重要となります。これを踏まえて夜間や休日の診療にも対応したクリニックを選ぶと、仕事がある人も計画的にメンテナンスを受けることができます。

名東区の歯医者で受けられるインプラント治療の流れとは

名東区のインプラント歯科ではまず初診にて口の中の状態を診察します。顎骨の全体像を大まかに把握するためにエックス線撮影が行われ、歯の噛み合わせなどを見る模型を作る工程がインプラントの第一段階である場合がほとんどです。次にインフォームドコンセント(説明と同意)と呼ばれるステップに入ります。診察等の結果を説明し患者の同意が得られれば、次のステップに移行するという流れになります。

名東区のどの歯科でも基本的に検査と診断、術前処置が行われ、重要な検査はCT撮影で行われます。また、名東区の歯科の主治医の判断で全身状態の検査が行われ、必要に応じて抜歯や歯周病、残っている歯などの検査や診断が行われます。

次に治療計画の立案が行われ、最終的なインプラント治療の計画を立てます。再度、インフォームドコンセントを行い、疑問に思ったことなどがあればここで説明を受けられます。
例えば、手術に関することや構造上の疑問、治療費、メンテナンス、トラブル時などの説明です。患者の同意が得られれば一次手術、続いて二次手術を行い、その各手術前にもインフォームドコンセントを行い患者から同意を得て、二次手術が完了したら上部構造の製作と装着を行います。上部構造を装着したらメインテナンスの開始です。

ピックアップコンテンツ